【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月15日 (日) | 編集 |
皐月賞は騎手の腕が結果を左右した感じですね。

ゴールドシップの内田騎手は他馬が外を回す中、思い切った内をつくという戦法。結果的にこの距離のアドバンテージが最後までものをいった。

今週は土曜日メインのアンタレスSで馬連、3連複、皐月賞も馬連、3連複的中でした。

アンタレスS 予想記事は→こちら

◎ゴルトブリッツ    1着 
○ニホンピロアワーズ   
▲シルクシュナイダー   3着 
△ダイシンオレンジ
×クリールパッション
穴アイファーソング   2着

馬連 9210円的中
3連複 20640円的中



  ===========


皐月賞  予想記事は→こっち

◎ゴールドシップ  1着 
○グランデッツァ 
▲ワールドエース   2着  
△ディープブリランテ 3着  
×シルバーウェイブ
穴メイショウカドマツ


馬連 1220円的中
3連複 2050円的中


  ========

どちらのレースも◎が1着ですから、うまく買えば3連単も的中できました。

今週はうまくいきました。

来週もがんばりましょう。

  ========

メインレースの予想はメルマガ「おうまで人生セーフになろう」で行っています。

配信希望の方は左のサイドバーの登録フォームから今すぐ。無料のメルマガです(今のところは)。


スポンサーサイト
2012年04月03日 (火) | 編集 |
今週は牝馬クラシックの第一弾、桜花賞。

ブログ「ガラスの競馬場」での「桜花賞を当てるために知っておく3つのこと」という記事、参考になります。

記事は、こちら

その条件にあてはまる馬を探してみよう。

1.2敗以内で新馬戦を勝っている

アラフネ
サウンドオブハート
サンシャイン
ジョワドヴィーヴル
ハナズゴール
マシュマロ
ヴィルシーナ

ジェンティルドンナは新馬戦2着だが、「牡馬相手に勝っている」条件をみたす。

ジェンティルドンナ

2.前走3番人気以内

アイムユアーズ
イチオクノホシ
エピセアローム
サウンドオブハート
サンシャイン
ジェンティルドンナ
ジョワドヴィーヴル
トーセンベニザウラ
パララサルー
メイショウスザンナ
ヴィルシーナ

この2つの条件をともに満たすのは、

サウンドオブハート
サンシャイン
ジョワドヴィーヴル
ジェンティルドンナ
ヴィルシーナ

の5頭。

3.瞬発力のある馬

この条件はやや難しいが、勝ったレースでラップギア的な瞬発力のある馬を見てみると、

サウンドオブハート
サンシャイン
ジョワドヴィーヴル
ジェンティルドンナ
ヴィルシーナ

結局、残ったのはこの5頭。

人気どころばかりだった・・・。


2012年03月28日 (水) | 編集 |
今週のもうひとつの重賞は、ハンデのG3、ダービー卿チャレンジトロフィーです。

例年荒れることの多いこのレース、今年も一筋縄ではいかないようです。

昨年は震災の影響で変則となったので省いて、2006~2010年の5年間についてみた。

1.人気
  1番人気馬が1回、2番人気馬が連対なし、3番人気馬が1回連対という、上位馬の成績は惨憺たるもの。
  逆に11~16番人気馬が馬券に絡むなど、人気薄の台頭が目立っている。

  配当も馬連はすべて4ケタ配当で3連単は2度の100万越えの馬券になっている。

2.斤量
  大荒れのレースだが、斤量は意外にも53~57kgに収まっている。極端な軽ハンデ馬は絡んでいない。

3・騎手
  これといった特徴はないが、柴田善騎手は相性がよさそう。変則開催の昨年もブリッツェンで勝っている。

4・印
  無印馬の台頭が目立つ。2007年は1~3着すべてが無印馬だった。

5.格
  重賞勝ちのあったのは、サニーサンデー、コイウタ、マイネルハーティーの3頭で、実績はあまり重視しなくても良い。


6.騎手乗り替わり
  勝ち馬にかぎると5回中4回は乗り替わりなしだった。

7.前走
  東風Sを使っている馬の成績がいい。また東風Sを含めて前走でマイル戦を使っている馬の成績がいい。
  1・2着馬は大きく負けていないことが必要で0.7秒以内が望ましい。
  3着馬は着差にはこだわらなくてもいい。


今回の出走メンバーでは、前走東風Sを使っている馬は、

ツクバホクトオー(-0.1秒差)
テイエムオオタカ(0.9秒差)
ロビンフット(1.7秒差)

前走マイル戦を使っている馬は、

タガノエルシコ(1600万条件) 1着
キングストリート(六甲S)1.1秒差 8着

着差 <0.8秒の馬は

オセアニアボス
ガルボ
スギノエンデバー
ミッキードリーム
ロードバリオス
リクエストソング

ロードバリオス、リクエストソングは休み明けで割引か。ガルボは57.5kgのトップハンデでありこの馬も割引。

東風S勝ちのツクバホクトオーをどう評価するかがカギになりそう。もともと芝適性は十分にあった馬で前走くらい走っても不思議はない。前走快勝の反動がどうか。

現時点では、

ツクバホクトオー
テイエムオオタカ
タガノエルシコ
オセアニアボス
ミッキードリーム




メルマガ「おうまで人生セーフになろう」は毎週のメインレースを中心に予想を展開しています。

無料のメルマガです。

購読希望の方は左のサイドバーから登録するとみることができます。

2012年03月27日 (火) | 編集 |
今週はG1レースはありません。

来週から本格的な春G1シリーズ。

その前に、天皇賞の前哨戦ともいえる、産経大阪杯のデータ展望です。


過去5年間のデータを調べてみました。

1.人気
  1番人気 3勝2着1回 連対率80%
  2番人気 0勝2着1回 連対率20%
  3番人気 1勝2着0回 連対率20%

 1番人気が強いレースといえるが、1-2番人気で決まったことは1回のみで、人気薄の連対がある。

2.騎手
  実績のある騎手が多いが最近は武豊騎手の連対がない、関東の騎手の連対がないことも意外。

3.格
  G2以上のレースを勝っていることが望ましいが、ここ2年は重賞勝ちのない馬の連対していることから、あまり重視しなくてもよいか。

4.騎手乗り替わり
  勝ち馬に限ると乗り替わりのない馬がすべて勝っている。

5.前走
  昨年のダークシャドウ、4年前のエイシンデピュティをのぞき、前走はG2以上の重賞に出走している。
  4年前のエイシンデピュティ以外は5着以内であり、連対馬すべて着差は1秒以内だった。

6.印
  総合で◎3勝2着1回、▲2勝、○2着1回。
  全くの無印は大荒れとなった2年前以外はない。

7.配当
  馬連 520~25640円で堅いか中波乱
  3連複 1540~10390円で3着に人気薄が入って荒れる傾向。

8.3着馬のデータ
  1番人気 1
  3番人気 1
  4番人気 2
  8番人気 1
  1頭以外は乗り替わりなく、G1勝ちの実績あり。
  前走はすべてG2以上の重賞。すべて着差は1.0秒差以内

今年のメンバーをみてみると、

G2以上の勝ちがあるのは、トーセンジョーダン、アーネストリー、ローズキングダム、フェデラリスト。

前走G2以上のレースに出走していて着差1.0秒差の馬は、アーネストリー、トーセンジョーダン、ナカヤマナイト、フェデラリストだが、アーネストリーは前走が10着でありやや割引。

ローズキングダムは前走の有馬記念で1.1秒差であり、今回は消しか。

あとは前走G3の中日新聞杯勝ちのスマートギアが穴か。
 
現時点では

フェデラリスト、ナカヤマナイト、トーセンジョーダン

3着候補として、アーネストリー、スマートギア



メールマガジン

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      おうまで人生セーフになろう

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

はメインレース中心に、TARGETと格・乗り替わり理論から予想しています。

高松宮記念は、○→◎→▲で的中。


2012年03月20日 (火) | 編集 |
先週の阪神大賞典のオルフェーヴルの走り、いろいろ物議をかもしています。

あれだけのロスがありながら2着までもってきたのは化け物だ、というのが大方の見方のようです。

私的には、オルフェーヴルの今後にやや危険な匂いがします。

もともとかかり癖のある馬で、これまでに2回も鞍上の池添騎手を振り落しています。

2歳時には京王杯で不可解な10着惨敗。そのあと立て直すのに2戦を要しています。今回も調教再審査となるようで、春の天皇賞に間に合うか、心配です。

鞍上の池添騎手も昨年が出来すぎの1年でした。今年はなかなか調子が上がってきません。

あの武豊騎手でもディープインパクトの3冠の次の年はいい成績ではありませんでした。

池添騎手も今年は昨年の反動が懸念されます。

たちまち、今週の高松宮記念のカレンチャンは・・・。危険な人気馬かもしれません。

オルフェーヴルの今年の大目標は凱旋門賞だと思いますが、早めに渡仏して態勢を整えた方がよいのではないかと思われます。

さて、先週の予想は、メインレースはどちらも的中でした。

その予想記事は、こちらこっち

フラワーカップ

◎メイショウスザンナ   2着 
○キャトルフィーユ
▲マイネボヌール
△ラスヴェンチュラス
×オメガハートランド  1着 
穴ヘレナモルフェ

馬連 2190円的中

スプリングS

◎グランデッツア    1着 
○ディープブリランテ  2着  
▲アルフレード
△マイネルロブスト
×ゼロス
穴ストローハット

単勝 600円的中
馬連 700円的中
馬単 1830円的中


2012年03月12日 (月) | 編集 |
みなさん、こんにちは。

東日本大震災から、はや1年。昨日はいろいろな追悼イベントが行われました。

私たちができることは、震災の記憶を風化させないこと、自分にできる支援を行うことでしょう。

さて、先週の競馬で、蛯名騎手が落馬負傷しました。今年は絶好のスタートを切っていただけに残念です。しっかりと怪我を治して、1日も早い復帰を願います。


  --------------

先週の土曜日の予想で、一発馬券が久しぶりの炸裂です。

その予想記事はこちら

中京11R

 ☆ハジメレンジャー  2着 
 ◎アキノグローブ   1着 
 ○アルバトン     4着 
 ▲ソルモンターレ   15着 
 △マイネルプリマス  3着 

馬連 14090円的中
3連複 25470円的中
3連単 203780円的中


一発馬券は100円馬券で高配当を狙う、ローリスクハイリターンの馬券です。原則、1日1レースで穴馬から馬連流しと3連複流し馬券を推奨しています。今回は1000円の投資で39560円の払い戻し。

たまにこうやって高配当が的中します。

メルマガ「おうまで人生セーフになろう」で毎週土日の推奨レース1レースの予想と一発馬券を記事更新しています。

希望の方は、左のサイドバーから登録するとみることができます。無料です。

TARGETの出馬表付きのメルマガは、puie2007@yahoo.co.jpまでメールいただければ個別にお送りします。こちらも今のところは無料です。
2012年03月02日 (金) | 編集 |
今週は春のクラシックを占う2つのトライアル重賞がある。

ひとつは桜花賞へのステップレース、チューリップ賞。

もうひとつは皐月賞、ダービーへとつながる弥生賞。

そしてこの2つのレースに春クラシックの主役をはりそうな馬が出走してくる。


   ---------------------

チューリップ賞に阪神JFを勝ったジョワドヴィーヴルが出てくる。姉はあの名牝、ブエナビスタ。

1勝馬の身で挑んだ阪神JFを他馬と性能の違いを見せつけるような圧勝。鞍上の福永騎手をして、“飛んでいる”ようだと言わしめた。父ディープインパクトを彷彿とさせる走りだった。

福永騎手といえば昨年はレーヴディソールでこのレースを圧勝。桜花賞は当確と言われていたが、レーヴの故障で夢は潰え、そのレーヴも引退となった。今年は昨年の分まで、と意気込んでいるだろう。

阪神JFが終わった時点では、ジョワド一色だったが、ここにきてライバル出現。

シンザン記念を勝った、ジェンティルドンナ。父はジョワドと同じくディープインパクト。牡馬をおしのけて勝利した内容は強いの一言。

牡馬混合戦で好走している牝馬は牝馬限定戦に出てくれば要注意であることは明白。

この2頭をみていると、ウオッカとダイワスカーレットの関係にだぶる。

ウオッカが阪神JFを勝ち、ダイワがシンザン記念で2着。チューリップ賞でこの2頭が激突し、ウオッカがクビ差勝利。しかし本番の桜花賞ではダイワがウオッカに完勝して雪辱を果たす。

ジェンティルが先行脚質、ジョワドが差しというのも似ている。

明日のチューリップ賞だけでなく、本番でのこの2頭の戦いも興味深い。

   ----------------------

弥生賞には、こちらもディープ産駒のアダムスピークが出走してくる。

1勝馬の身で臨んだラジオNIKKEI賞を圧勝。このレースには春のクラシックで有力視される、ゴールドシップやグランデッツアもいたのだが、力の違いを見せつける勝利。

朝日杯FSを勝ったアルフレードがスプリングS出走となり、対決は本番まで持ち越しとなったがクラシックを意識した使われ方はこちらの方が上だと思われる。

もう1頭の無敗の馬、サイレントサタデー。人気薄での激走が目立つが、今回は相手が揃った。

このレースはアダムスピーク中心でいいだろう。






2012年02月13日 (月) | 編集 |
先週の重賞でけがから復帰した内田博幸騎手が共同通信杯を勝利し、久々の重賞勝利。

また、京都記念では武豊騎手が見事なペース配分でトレイルブレイザーを操り勝利。武騎手は今年は復活してくれそうな予感がある。

内田騎手41歳、武豊騎手42歳。まだまだもう一花も二花も咲かせてほしい。

  =====================

土曜日

■アルデバランS

◎シルクシュナイダー  2着 
○インバルコ      10着 
▲サクラロミオ     8着 
△ツクバホクトオー   6着 
×タマモクリエイト   3着 
穴シンメイフジ     9着 

エアマックールの末脚にはびっくり。

■一発馬券

東京10R


☆トキノエクセレント  4着 
◎ガンマーバースト   2着 
○グリフィンゲート   13着  
▲ヤマノサファイア    8着 
△ブラッシュアップ    3着 
 
ここもトウショウブリッツの大駆けにはびっくり。

  --------------------------

日曜日

■京都記念

◎ヒルノダムール    3着 
○ダークシャドウ    2着 
▲ウインバリアシオン  6着  
△トーセンラー     4着 
×トレイルブレイザー  1着 
穴ゲシュタルト     9着

馬連 1580円的中
3連複 1730円的中

 
トレイルブレイザーは好走するとは思ったが、まさか勝つとは。ヒルノ、ダークとは仕上がりの差が出た感じ。

■一発馬券

小倉11R

 ☆メイショウエバモア  5着 
 ◎クリュギスト     2着 
 ○トウショウクエスト  10着  
 ▲アイファーソング   1着 
 △アグネスミヌエット   4着



2012年02月10日 (金) | 編集 |
今週のメルマガ「おうまで人生セーフになろう」はアルデバランSと京都記念を予想する予定です。

ここでは土曜日の東京メインレース、クイーンカップの見解を。

■ クイーンカップ 3歳牝馬G3別定 東京芝1600

昨年の勝ち馬ホエールキャプチャは桜花賞でも2着。ここでの活躍馬は要注意です。

人気は前走ファアリーSで1番人気4着のオメガハートランドでしょうか。追い込み届かずでしたが着差はわずか。展開のアヤで負けた感じですが、自分でレースをつくれない不安点はあります。中山コースから東京コースに替わるのはプラスでしょう。

阪神JFを除外になって自己条件戦を勝ちあがった、ヴィルシーナが2番人気と思われます。牡馬混合のレースを勝った牝馬は牝馬限定戦では要注意です。

阪神JF組では、イチオクノホシ、プレタノートが有力。

イチオクノホシは2連勝で臨みましたが追い込み届かずの4着でしたが、上がり34.5病の末脚は、位置取りさえよければ・・・という内容でした。直線の長い東京コースはいいでしょう。

ジュニアカップ3着のモエレフルールは先行力を生かせば粘りこめるかもしれません。同じコースで勝っているのも強みです。

新馬勝ちのカフヴァールは父デュランダル譲りの切れる末脚が売り。一気の重賞制覇も夢ではありません。

ヴィルシーナに期待します。ここを勝って桜花賞にコマを進めてもらいたい。





2012年02月06日 (月) | 編集 |
先週の週末は寒かったですねぇー。

前回のこのブログで記事更新した、小倉大賞典、注目のスマートギア激走しましたね。10番人気で2着。勝ったエーシンジーラインも記事の中にコメントしていた馬。この2頭で決まって、馬連12700円はおいしいですねー。

コスモファントムはやはり斤量がこたえたのかな・・・。

これからもこういうおいしい目に遭いたいですね。

  ================================

土曜日

■ すばるS

◎レディルージュ   10着 
○マルカベンチャー  9着 
▲アーリーロブスト  8着 
△ケイアイテンジン  1着 
×トーホウチェイサー 3着 
穴ミリオンディスク  13着 

■ 一発馬券
京都9R

 ☆ルナキッズ     1着 
 ◎ティアップゴールド 3着 
 ○トーホウシンバル  12着  
 ▲ナシュワンヒーロー  6着 
 △アグネスヨジゲン   8着 


  -----------------------------

日曜日


■ 東京新聞杯

◎サダムパテック   13着 
○フレールジャック  7着 
▲ダノンシャーク   5着 
△ガルボ       1着 
×スマイルジャック  16着 
穴ミッキードリーム  6着  

■ 一発馬券

京都10R
 ☆マルカバッケン   1着 
 ◎アイアムルビー   9着 
 ○デイトユアドリーム  5着  
 ▲ウララカ      7着 
 △ノボレインボー   11着

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。