【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月22日 (水) | 編集 |

(いつもの読者Aさんとの会話)

私: 「Aさん、調子はどう?」

読者A: 「あのー、ブログで私のことネタにするのはちょっと。読者Aってのも何かねぇ・・・。」

私: 「そんじゃ、実名だそうか(笑)。」

読者A: 「それは困る。別な呼び方ないんですかい。」

私: 「うーん。適当なものは今ちょっと思いつかないな。それはそうと、先週もWIN5買ったの?」

読者A: 「えへへ。2点買いしました。」

私: 「あれだけ言ったのに。懲りない人だね。第一、2点買いで当たれば苦労しないよ。」

読者A: 「でもひょっとして当たれば1億円かもしれないじゃないですか。」

私: 「そりゃ可能性はゼロではないけど、限りなくゼロに近いよ。簡単に計算しても、たとえば対象レース5レースが全部10頭立てだったとして、当たる確率は、1/(10×10×10×10×10)=0.001%。2点買ったとしても、0.002%だよ。」

読者A: 「0.002%ってピンとこないですね。」

私: 「簡単にいうと、日本人が80歳になるまで毎年飛行機に乗り続けて墜落事故に遭う確率だよ。」

読者A: 「かえってわかりにくいんですけど。」

私: 「宝くじでいうと日本人が1年間で平均13枚買うとして、80年間買い続けたとして1等が当たる確率は0.08%くらいらしい。」

読者A: 「へえー。宝くじってそんなに悪いんですね。というか、WIN5は2点買いだと当たる見込みないってことですね。」

私: 「ちなみに今、芸人インスタントジョンソンのじゃいがWIN5で4432万円と3775万円を当てたって巷では評判になってる。(動画は→ここ。)」

私: 「でもちょっとみてみたけど、WIN5で買い目は600点とか700点とかすごい多点。ということはWIN5だけで6万円とか7万円必要になるよね。ということは1年でWIN5だけで400~500万円使うってことになる。それだけ使っても1億円は当たらないんだよ。」

読者A: 「うーん、ちょっと私にはできませんね。」

私: 「まあ、100円の宝くじ1枚で1億円当たる人はいてもおかしくないけど、そんなのは小説の中でのお話で、実際的中した人は長年買い続けている人がほとんどだと思う。」

私: 「ちなみに当てて何したいの?」

読者A: 「バイク買いたいんですよ。ハーレー。」

私: 「ハーレーなんか1億円もしないでしょ。」

読者A: 「200万円くらいです。」

私: 「なんだ、200万円くらいなら、今の買い方で十分じゃない。▲→○→△で20万馬券を1000円分当てればいいんでしょ。簡単じゃない。」

読者A: 「なーんだ、そんな簡単なこと・・・って、1点1000円ということは1レース3000円で、1日12000円で、1月10万円で、1年で120万円・・・。そんななら馬券なんか買わないで貯金するよ!!」

私: 「あれあれ、1点100円ならいいけど、1点1000円は困る? でも理論的には可能なはずなんだけどね。」

読者A: 「もうー。つまらないこと言ってないで、今週末の予想、お願いしますよ。」

私: 「次から君の名前は はーれー としよう。」

***************** ***************

WIN5は100円馬券が1億円になる夢の馬券です。

ただし、100円1点で当たる確率はゼロに近く、多くの人が200点とか600点とか買っています。

先のインスタントジョンソンの じゃい さんや、須田鷹雄さんが的中したときもかなりの多点買いで的中させています。

その1レースだけで的中すれば問題ありませんが、買い続けないと当たりません。

豊富な資金力(イメージでは我々の1万円が100円以下の感覚の人)を持っていないと続けられません。

普通の市民である、私や はーれー さんはこつこつと3連単で的中を積み重ねていくのが得策のようです。

3連単でも、嵌れば100万とか1000万馬券もありますからね。



スポンサーサイト
2015年04月03日 (金) | 編集 |

今週の出走馬決定。

日曜日は重賞が2つ、3歳オープン特別が2つと充実した番組ですが、土曜日はややさびしい。

その中で、中山9R 山吹賞で期待の馬が出走してくる。

グレーターロンドン だ。

父 ディープインパクト、母 ロンドンブリッジ

母ロンドンブリッジは快速馬で、桜花賞はファレノプシスの2着。オークス10着の後、引退。

グレーターロンドンは10番目の仔になる。

兄弟には、オークス馬のダイワエルシエーロがいる。

新馬戦の前走は、持ったままで直線2馬身2/1引き離した末脚はかなりの素質をうかがわせた。

母の印象からスピードが勝ったタイプと思ったが、道中の折り合いも良く、大跳びで距離が延びても問題ない印象だった。

今回の2200mがこなせれば、ダービーに向けて新興勢力になりそうな予感がする。

このレースでも断然の人気を背負いそうだが、ダービーに向けて名乗りをあげるようなレースを期待したい。





2015年03月10日 (火) | 編集 |

先週の日曜日の、吉田勝己氏の多頭出しでハマったことを書きました。

それ以外はどうだったかというと、

同じ日の阪神5Rに金子真人ホールディングが2頭出し。

ジルダ(4番人気)
ブラヴィッシモ(3番人気)

で、結果は、

1着 ジルダ
3着 ブラヴィッシモ

となって

単勝 540円
ワイド 630円

でした。

金子真人ホールディングはメインの大阪城Sにも2頭出しし、

マウントシャスタが2着、複勝配当は320円でした。

さらに、阪神最終12Rで、松本好雄氏が2頭出し。

4番人気のメイショウロフウが1着で、単勝配当700円でした。

同馬主の2頭出し(3頭以上になるとねらえません)は馬主を選ぶと儲かるのではないかと思っています。


私の集計データでは、

1位 吉田勝己 3-6-1-7 

 8レース中7レースでどちらかの馬が馬券に絡んでいます。

 さらに2頭で1・2着が2レース、2・3着が1レースありました。どちらか1頭を選ぶなら人気のある方です。

2位 松本好雄 3-3-4-32

 人気しないことが多いので単勝狙い。2頭で1・2着はあまりないが、ワイドは穴馬券になる。

3位 近藤利一 2-0-2-2

 レース数は少ないが今年はけっこう嵌っている。人気のある方が狙い。

4位 サンデーレーシング 9-3-7-39

 単勝で狙える。人気のある方が狙い目。









2015年03月02日 (月) | 編集 |

今週はクラシックに向けて見逃せない、チューリップ賞、弥生賞があります。

その先行見解は明日以降にして、高松宮記念のトライアル、オーシャンSの出走予定馬を見てみましょう。

オーシャンSはレースレベルDです。

実績条件を満たす馬は、

サクラゴスペル
スマートオリオン
ダッシャーゴーゴー
ハクサンムーン
リトルゲルダ

の5頭。

意外に少ないですね。

注目は、ハクサンムーンとリトルゲルダです。

共に休み明けになります。

ハクサンムーンは昨年の秋に調子を崩してからどこまで立て直されたか。休み明けはあまり走らない傾向ですので今回も過信はできません。

リトルゲルダは昨年の夏に本格化。スプリンターズSでも出走してくれば有力視されたと思いますが、年末の香港スプリントに出走。14着に惨敗しています。休み明け成績は、1-0-0-2と微妙。本番前のひとたたきと考えればこちらも過信は禁物かも。

サクラゴスペルは人気しないと思いますが、中山は得意で休み明けも走れます。要注意の一頭。

スマートオリオンは昨年のこのころは絶好調で連勝でこのレースを勝った。中山コースは相性がいい。

生きのいい4歳馬は、シゲルカガ、ショウナンアチーヴ、ラインスピリットあたりがどこまで食い込めるか。

軸馬不在で混戦。

実績からは、

◎リトルゲルダ
○ハクサンムーン
▲サクラゴスペル


2015年02月27日 (金) | 編集 |

後藤騎手の訃報のニュース。

ファンであっただけに早すぎる死はただただ残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

阪急杯2015

今週の出走馬確定しました。

阪急杯はレースレベルDになります。

このレースで勝ち負けするには実績D以上が必要です。

メンバー中、実績条件を満たすのは、

ダノンシャーク
ミッキーアイル
コパノリチャード
ローブティサージュ
ダイワマッジョーレ

の5頭。

ここから取捨選択していくことになります。

印のパターンは本命戦です。

予想については明日のメルマガ「TARGET競馬」をごらんください。


********************************

土曜日の予想記事更新しました。

土曜日は、

アーリントンカップ
総武S
御堂筋S

の3レースを予想しました。

予想を見たい方は、右のサイドバーの登録フォームをクリック。

今だけ無料のメルマガです。



2015年02月26日 (木) | 編集 |

今週の出走馬が決まりましたが、枠順が出ないと予想はできません。

今日は変わった視点で出走表を見てみましょう。

皆さんは、「同きゅう舎の多頭出しは人気薄を狙え」という昔からの格言を知っていますか?

同じレースに同きゅう舎が複数出走させてきたときは、勝負懸りで、狙うなら人気のない方が配当妙味がある、ということですね。


私はこれにヒントを得て、「同馬主の多頭出しは要注意」という戦略をよく使っています。


しかし同馬主のレースをすべて買っていては資金がいくらあっても足りません。

どの馬主がいいのか、そして買うなら人気の馬を買うのか、人気薄を買うのか、が問題になります。

今年1月からのデータを見てみました。

キャロットファーム

 クラブ馬主です。血統のいい馬が多く、クラシックや重賞でも活躍馬をたくさん出しています。

 同レースに2頭出ししたレースは19レースあり、2勝し、2・3着が10回ありました。どちらかが3着以内にくる率は63%。

人気のある方が馬券対象になることが多いです。

サンデーレーシング

こちらもクラブ馬主でキャロットファームと双璧です。

21レース中6勝、複勝率は12/21(57%)でした。勝率の高さと2頭ともに馬券に絡むレースが4レースあることが特筆ものです。勝った馬は人気のある方が4勝、人気のない方が2勝でした。


社台レースホース

こちらもクラブ馬主。

21レース中、5勝で複勝率は11/21(52%)です。人気のある方が馬券に絡みます。

松本好雄

メイショウの冠でおなじみの馬主さんです。

15レース中、2勝で複勝率7/15(47%)で2頭ともに馬券になることがけっこうあります。


吉田勝己

社台総帥。5レース中1勝、複勝率4/5(80%)。人気のある方が馬券になります。あまり多頭出しはしてこないのですが、昨年からかなりの率で馬券に絡みます。


あと、データ数は少ないのですが、

ウイン
栄進堂

あたりもよく馬券にからみます。

そして、キャロットファーム、サンデーレーシングが3歳のオープン以上で多頭出ししてきた場合はかなり本気度が高いと思われますので要注意です。

最近の例では、

クイーンカップでは、サンデーレーシングがキャットコイン、カービングパスの2頭出しでキャットコイン1着。

エルフィンSではキャロットファームがクルミナル、シャルールの2頭出しでクルミナル1着。

紅梅Sではウインがウインバニラスカイ、ウインアキレアの2頭出しでウインアキレア3着。

などなど。


こういう視点で調べてみると、他人とは違った予想ができます。

「人行かぬ裏に道あり。宝の山。」

ですね。



2015年02月25日 (水) | 編集 |

今週は重賞が3つ。

そのうち3歳G3のアーリントンカップ。このレースの勝ち馬はその後活躍するいわゆる出世レース。

今年はやや小粒なメンバー。

アルマワイオリ:

 前走の朝日杯FSは14番人気の低評価をあざ笑うかのような2着好走。2走前のデイリー杯が折り合いを欠いたレースだったが4着。朝日杯は前半が速かったことからこの馬向きの流れになったことも幸いした。気性的にどこまで成長できたかが鍵。

エイムハイ:

 堅実に走っているがインパクトに欠ける。うまく立ち回ればあるいは。

キッズライトオン:

 500万条件戦を3連続2着。マイルに距離が延びることに対応できるか。

ナイトフォックス:

 前走のジュニアカップは先行して勝った。脚質に幅がでてきたのは収穫。

ナリタスターワン:

 2連勝中。イメージよりも走る。前走でマイルを勝ったことも大きい。

ナヴィオン:

 重賞でも好走しており経験は豊富。ただ、やや使われすぎな印象。追い込み脚質も不安点だが、確実に馬券圏内は賑わせてくれる。

ネオルミエール:

 前走の朝日杯も良く走っている。1勝馬だが、このメンバーならひけはとらない。

マテンロウハピネス:

 新馬戦を圧勝。今回レースのペースを握るのはこの馬だろう。スローペースの逃げ切りではなかったことは評価できる。


レースのペースはネオスターダム、マテンロウハピネスの逃げ争い次第。キャリアの浅いマテンロウがネオと競り合うようだと差し馬向きの展開に。

逆にネオが引くようならマテンロウの流れに。

アルマワイオリは緩いペースになると引っ掛かり癖が心配。

現時点では、

◎アルマワイオリ
○マテンロウハピネス
▲ナイトフォックス



*********** ***************** ************

メルマガ「TARGET競馬」は先週の小倉大賞典を◎→△→○で的中。

人気では3番人気のカレンブラックヒルをなぜ◎に指定し、2番人気のレッドレイヴンを△評価に落としたのか。

「格」理論からはカレンブラックヒルが断然の評価だったからです。このレースはカレン以下はダンゴ状態でした。

1番人気のラングレーは準オープンを勝ったばかり。2番人気のレッドレイヴンはオープン勝ちの実績だけ。

小倉大賞典のレースレベルはEになりますから、このレースを勝つには実績E以上が必要になります。

メンバーで実績条件を満たすのは、

カレンブラックヒル 実績B

ヒットザターゲット 実績B

メイショウナルト 実績E

この3頭だけでした。

メイショウナルトは季節馬の傾向があってこの時期は走らない。

カレンとヒットは互角ですが、前走の成績からカレン上位と判断しました。もう一つの決め手は騎手の乗り替わりです。

乗り替わりのないカレンの方を重視しました。

11番人気のダコールに○印を打ったのは、前走がG2の日経新春杯で着差0.5秒差の5着という実績にあります。

メンバーで前走レベルの高いレースで好走している馬は要注意です。

******************

こんな感じで予想しています。

重賞レースで威力を発揮する「格」理論。

タイム理論で的中できるのはオープン特別まで。

「格」理論は非常にシンプルな方法で簡単にマスターできます。

メルマガ「TARGET競馬」はまぐまぐから配信中。

予想を見たい方は、右のサイドバーをクリック。

今は無料です。




2015年02月24日 (火) | 編集 |

コパノリッキー骨折だそうです。しっかり治してまた強いレースを見せてもらいたいですね。

今日は阪急杯のメンバーをみてみたいと思います。登録馬が多いので、有力馬を中心に。

オリービン: 実績F

 オープン勝ちはあるが、重賞では3着もない。ただ、前走の阪神カップでは0.3秒差。まぎれがあれば3着には。

コパノリチャード: 実績A

 昨年の高松宮記念勝ち馬。秋は調子を崩していたが阪神カップで久々の2着。おそらく寒い時期が合うのだと思う。

サドンストーム: 実績G

 シルクロードS、京阪杯2着とG3レベルなら好走可能。勝ち負けまではどうか。

ダイワマッジョーレ: 実績B

 京王杯SC勝ち、マイルチャンピオンシップ2着の実績がある。この距離は堅実に走る。

ダノンシャーク: 実績A

 昨年のマイルチャンピオンシップで待望のG1奪取。1400mの距離は短いかも。

バクシンテイオー: 実績G

 前走のシルクロードSでは0.3秒差とまずまず。うまく立ち回れば3着には。

マジンプロスパー: 実績E

 この距離は合うがすでに8歳。前走のシルクロードSでも大差負け。苦しい。

ミッキーアイル: 実績B

 1番人気を背負った前走が7着。逃げて自分の形にできないともろい。すんなりと逃げられれば粘りこみあるが、目標にされる不利は不安点。

レッドオーヴァル: 実績G

 昨年の3着馬だが、人気先行タイプ。今回は休み明けで人気を落とすようならヒモ穴で。

ローブティサージュ: 実績D

 昨年の夏は短距離戦線で活躍したが、秋になって失速。 使い込むとよくないタイプかも。休み明けは走るがこの時期の成績はよくない。


ミッキーアイルにとっては先手をとれるメンバー。有力馬が差し・追い込みの脚質が多いのでマイペースで行けそう。


展開ではミッキーを見ながら好位でレースができるコパノリチャードに有利。

ダイワマッジョーレ、ダノンシャークは仕掛け所がポイントになりそう。


現時点では、

◎コパノリチャード
○ミッキーアイル
▲ダイワマッジョーレ


2015年02月23日 (月) | 編集 |

フェブラリーSはコパノリッキーの完勝。

馬主のコパさんはレース前に風水でリッキーは万全!とおっしゃっていたようだけど、やっぱりあるのかもと思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)。

今週の阪急杯には、コパノリチャードが出走してくるけど、今日は中山記念の出走馬を見てみた。


イスラボニータ: 実績B

 ジャパンカップ以来。天皇賞3着で古馬に混じってもやれるかと思ったら9着に惨敗。やはり距離に壁があるのかもと思ってしまう。今回は適距離の1800mであり、実績からも中心視してもよさそう。

ステファノス: 実績D

 クラシック戦線では毎日杯3着が最高。前走の富士Sでは上がり32.9秒の末脚。メンバーは軽かったが力をつけているのは確か。距離はこなせる。

セイルラージ: 実績G

 実績はオープン勝ちもなくここでは苦しい。

ゼンノルジェロ: 実績G

 前々走オープン入りしたばかりで、7歳の年齢は上がり目なし。

タイキパーシヴァル: 実績G

 オープン実績なく苦しい。

タガノグランパ: 実績F

 3歳時にファルコンS勝ちがあるが、古馬に混じっての重賞では結果がでていない。

トラストワン: 実績G

 オープン実績なく苦しい。

ナカヤマナイト: 実績B

 G2勝ちの実績があるが昨年は3着もない。7歳という年齢を考えると厳しい。

ヌーヴォレコルト: 実績D

 オークス勝ちの実績はあるが、古馬の牡馬との対戦は今回が初めて。このレースは今後の試金石となる。

ヒラボクディープ: 実績F

 3歳時に青葉賞勝ちがあるが、古馬オープンでは苦戦している。厳しい。

マイネルフロスト: 実績F

 ダービー3着。古馬重賞では前走のAJCCが0.3秒差の4着と格好をつけた。

ルルーシュ: 実績C

 札幌記念以来のレース。別定のG2では苦しいか。

ロゴタイプ: 実績B

 皐月賞馬だが、前走はダートを使うなど古馬になってからの陣営の迷走が続いている。昨年はこのレースで3着とコースは得意(というか中山専門?)なので、変わり身はあるだろう。


少頭数で力差もはっきりしており波乱の要素は少ない。順当に収まりそう。

現時点では、

◎イスラボニータ
○ロゴタイプ
▲ステファノス

2015年02月22日 (日) | 編集 |

小倉大賞典で9万馬券的中しました。

メルマガ「TARGET競馬」の予想は、

◎ カレンブラックヒル
○ ダコール
▲ ラングレー
△ ウインマーレライ
△ コスモソーンパーク
△ レッドレイヴン

結果は、

1着 ◎ カレンブラックヒル
2着 △ コスモソーンパーク
3着 ○ ダコール


単勝 540円的中
馬連 4670円的中
馬単 7580円的中
3連複 21520円的中
3連単 93800円的中


目標の30万馬券とはいきませんでしたが、この配当なら満足でしょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。