【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月08日 (水) | 編集 |
岩田康成騎手が中央へ移籍して、地方騎手で唯一頼れる存在の内田博幸騎手について調べてみました。

データは2004年1月1日~ のものです。

62-50-40-404で勝率11.2%、連対率20.1%、複勝率27.3%でした。

けっこう活躍している気がしたのですが、この成績をみるととりたてていいことはないような…。

競馬場別にみると、

東京 27-27-17-202(勝率9.9%、連対率19.8%)
中山 25-14-14-140(勝率13.0%、連対率20.2%)
中京 2-1-1-5(勝率22.2%、連対率33.3%)

中山、中京とも単勝期待値は148円、211円と100円を超えています。成績をみてわかるように、内田騎手は

単勝で狙える

ことがわかります。つまり連軸の騎手としては適さないということです。

コースでみると
中山ダート1800m、中山芝1200mの勝率がいい。

クラスは古馬1000万、1600万条件がいい。

相性のいい調教師は、

和田正道、増沢末夫、勢司和浩、清水利章です。和田、清水厩舎は単勝期待値は100円を超えています。

人気別での成績では、2番人気での勝率が1番人気よりいい結果です。ねらうなら2-3番人気の単勝です。


まとめ

中山ダート1800、芝1200の古馬1000万あるいは古馬1600万条件戦で、2~3番人気の馬の単勝で勝負。


*****************************************
競馬の予想会社はたくさんありますが、予想は当たってなんぼの世界!

「競馬予想のメガビジョン」では当たってなんぼの世界を体験していただくために、

「無料予想メルマガ」を配信しています。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。