【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年09月30日 (日) | 編集 |
秋のG1初戦のスプリンターズSは比較的平穏に収まりました。

1着 アストンマーチャン
2着 サンアディユ
3着 アイルラヴァゲイン

こんなに馬場が悪化するとは思いませんでした。勝ちタイムが1.09.4 とG1にしてはかなり遅いタイムでした。

馬場が悪ければ前に行った馬が有利なのは自明の理。

アストン-中館はポンとハナを切ってそのまま逃げ切り。1~3着が前にいた馬だからいかに差し・追い込み馬に不利な馬場だったかがわかる。

この1~3着馬をみて気がついたこと、それは週初めの先行予想そのままの結果になっていますね(笑)。なのに直前で予想を変えてはずれていては、どうしようもないですね。

あまり先入観の入っていない予想の方が的を得ているということでしょうか。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。