FC2ブログ
【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年09月10日 (月) | 編集 |
今週は豪華4重賞(うち1つはジャンプレース)、しかも3日間開催。

ダート重賞のエルムS、Jpn3、別定、札幌ダート1700
をみてみた。

ダート重賞の難しさは、地方交流戦の成績評価にある。ここ5年間のデータを調べてみた。

勝ち馬は、

2006年 ヒシアトラス(横山典)
2005年 パーソナルラッシュ(藤田)
2004年 パーソナルラッシュ(藤田)
2003年 アドマイヤドン(安藤勝)
2002年 プリエミネンス(柴田善)

札幌コースの実績はあまり必要ない。

大切なのはダート重賞、それも中央のダート重賞で3着以内の実績があること。上記5頭はこれを満たしていた。

この条件に当てはまる登録馬は、

タガノゲルニカ 平安S1着
ドンクール プロキオンS3着
マイネルボウノット 東海S2着
メイショウトウコン 平安S1着、東海S1着、アンタレスS3着
ロングプライド ユニコーンS1着

2着、3着は重賞実績がなくてもよいが、少なくともオープン特別勝ちくらいの実績は最低限必要。

注目は3歳馬のマコトスパルビエロ、ロングプライドの2頭。このメンバーなら好走可能。

メイショウトウコンはインフルエンザ騒ぎでブリーダーズカップを回避したことでローテーションに狂いがでたことがどう響くか。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。