【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月29日 (金) | 編集 |
明日の重賞は、アーリントンカップ 3歳G3 別定 阪神芝1600

TARGET的予想では、

◎ ダンツキッスイ(91)
○ ドリームガードナー(91)
▲ スマートファルコン(91)
△ ポルトフィーノ(90)
× ミッキーチフル(90)
注 アポロドルチェ(90)

各馬の戦歴をみてみましょう。

1ミッキーチアフル:500万条件2着が最高。シンザン記念、京王杯と上位馬とはそこそこの競馬をしているが勝つまではどうか。

2スマートファルコン:ジュニアカップで初芝ながら快勝したが、前走の共同通信杯では7着。重賞ではワンパンチ足りない感じ。

3ディープスカイ:未勝利を勝ち上がるのに6戦を要し、指数上も強調材料はない。

4フェイムロバリー:前走のクロッカスSを33.7秒で追い込んでの3着。展開が嵌れば好走は可能だろう。

5エーシンフォワード:2連勝で挑んだフューチュリティSで9着と惨敗し、出直しの一戦になる。フェイムロバリーには完勝している。

6アポロドルチェ:京王杯2歳S勝ちで格的には上位の存在だが、距離が長いのかもしれない。

7ノットアローン:オープンで2着があるが前走の成績からは狙いが立ちにくい。藤岡騎手で新味がでるかもしれない。

8ドリームガードナー:一貫してこの距離を使われている。騎手が安藤勝なのも心強い。

9ルールプロスパー:2戦してまだ底をみせていないが重賞でどこまでできるか、今回が試金石の一戦。前走で負けたヴェルザンディは3歳牝馬戦線では有力視される馬で、それと好勝負していた点は評価できる。

10ロードニュースター:未勝利勝ちでいきなりの重賞は荷が重い。

11オースミスパーク:ダートから芝替わりのショックがどこまで効くか?

12ダンツキッスイ:指数では上位の存在だが、他馬との比較では落ちる。

13ポルトフィーノ:連勝中で、母はあのエアグルーヴ。スピードの違いで逃げ切り勝ちだが、おそらく武豊は控える競馬を試すのではないかと思われる。

ポルトフィーノが断然人気しそうだが切る材料は見当たらない。

◎ポルトフィーノ
○アポロドルチェ
▲ドリームガードナー
△エーシンフォワード
×ルールプロスパー
注フェイムロバリー


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。