【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月05日 (水) | 編集 |
先週の天皇賞で、ハナ差の勝利で今年の重賞3勝目を挙げた武豊騎手。

例年なら、この時期なら重賞を2桁くらい勝っていてもおかしくないのだが、今年は勝ち数はそこそこ挙げているが、重賞レースではなかなか勝てなかった。

なにかの呪縛にでもかかっているかのようだったが、天皇賞を勝ったことによりふっきれたのか、翌日のJBCでもヴァーミリアンで重賞連勝。いよいよ本領発揮か。

今年の武豊騎手の成績を振り返ってみた。

全成績は、

武豊トータル

勝率や連対率は昨年と比べるとやや落ちている感じ。

ところがクラス別の成績をみると、

武豊クラス

今年は重賞の成績が極端に悪いことに気づく。特にG2では勝ちがないし、G3重賞でも1勝しかしていない。勝ち鞍の多くが下級条件のものだ。

これまでの傾向からみると今年の武豊は上級のクラスでは頭からは狙いにくいということになる。

それでは、見方を変えて下級条件戦で狙ったらどうかという考え方も成り立つ。

競走Noからみてみると、

武豊No

上級条件のレースの多い10・11Rでの成績が極端に悪い。だが、1Rの成績をみてみると、異常に勝率が高いし、単回収値も100円を越えている。ほとんどが1~3番人気なのだが、それにしてもこの数字はすごい。1Rで武豊が上位人気になったら逆らってはいけないということになる。

武豊騎手は人気を背負うことが多く、配当も安いのだが、この勝率あるいは連対率・複勝率の高さを見逃す手はないのでは、という気がしてくる。幸い、今は1Rから3連単馬券がある。宝の山がそこにある、と考えている。


応援のクリックをひとつよろしく
↓↓↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。