【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月30日 (月) | 編集 |
今週のG1はジャパンカップダートです。

世間で言われていること、それは今年の3歳馬のレベルが高い、特にダート戦では高いということです。

ジャパンカップダートにも多くの3歳馬が出走を予定している。

アドバンスウェイ
ケイアイテンジン
ゴールデンチケット
シルクメビウス
スーニ
ダノンカモン
テスタマッタ
ラヴェリータ
ワンダーアキュート

注目はワンダーアキュート。3連勝で一気に重賞勝ち。勢いに乗ってここでもG1奪取できるか。距離に融通性があり先行脚質でここで通用してもおかしくはない。

アドバンスウェイはここでも逃げの戦法にでることが予想される。しかし、今回は56kgを背負うのでこれまでのような粘りが使えるかが鍵。

シルクメビウスの前走は、オープン特別では力の違いをみせつけた格好。しかし、今回は相手が揃った。これまでのようにはいかないだろう。

ゴールデンチケットは勝ちきれない競馬が続いている。ダートの一線級が集まるここでは厳しいかもしれない。

スーニは交流重賞G1勝ちの実績があるが、交流G1は中央の重賞に比べると格は落ちる。戦ってきたメンバーをみてもG1では一枚足りない感じ。

3歳の中ではワンダーアキュート、シルクメビウスが食い込む余地があるか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。