【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月28日 (日) | 編集 |
高松宮記念は終わってみれば、順当な結果といっていいでしょうか。

予想は、

◎ファイングレイン
○キンシャサノキセキ
▲アルティマトゥーレ
△エーシンフォワード
×プレミアムボックス
3着の穴はエイシンタイガー

結果は、

1着 ○キンシャサノキセキ
2着  ビービーガルダン
3着 △エーシンフォワード

LAP  12.0-10.4-11.1-11.4-11.4-12.3

逃げると思われたヘッドライナーがセブンシークイーンにハナを譲る形になったので、前半の3Fが少し落ち着いた格好になった。そのヘッドライナーが直線に向いて先頭にたち、ゴール前まで粘っていたので、レース自体は瞬発力勝負にならなかった。こうなると、追い込み脚質の馬は苦しい。
その中でもエーシンフォワードはよく3着まで差してきた。今後もこの馬からは目がはなせない。
キンシャサノキセキはこの流れが向いた。
ビービーガルダンは馬体重が回復していた。陣営の努力が実った感じだ。左回りも問題はなかった。ビービーの前走から軽視したのがまずかった。実績もあって乗り替わりもなかったのだから・・・。

やはり、格の高い重賞では実績重視は大切ということです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。