【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月28日 (日) | 編集 |
トミー:「ぷいー先生、今週はサマーシリーズはスプリントと2000のどちらもありますが、ここではどちらを予想しますか?」

ぷいー:「キーンランドカップはメルマガで予想しているので、そちらをみてもらいたい。」

トミー:「ということは、ここでは新潟記念ですね。ハンデ戦で難しいレースですね。タッチミーノット、エオリアンハープ、セイクリッドバレーの順に人気です。」

ぷいー:「ハンデとの絡みで人気が割れている。タッチミーノットは前走の2着は追い込みとどかずの競馬だったが、直線の長い新潟ならなんとかなりそうだが、昨日の競馬では追い込み馬が不発だった。今回もこれといった逃げ馬がいないからスローペースになりそうだから、あまりに位置取りが後ろ過ぎると脚を余すかもしれない。」

トミー:「ハンデの56kgは恵まれたとみるべきなんでしょうか?」

ぷいー:「実績が前走の七夕賞2着だから、それを考えるとやや重いね。今回と同じ条件の新潟大賞典での凡走が気になる。」

トミー:「エオリアンハープの2番人気は意外です。」

ぷいー:「私も穴馬の扱いだったけど、ここまで人気するとは。新潟コースとの相性のよさ、軽ハンデが買われている材料なんだろう。新潟コースでの末脚は鋭いから外せない。」

トミー:「昨年勝ち馬のナリタクリスタルはどうですか。」

ぷいー:「昨年と同じローテーションでここにきた。違うのはハンデが57.5kgのトップハンデ。前走は位置取りが後ろ過ぎた。昨年のようにもう少し前につけられたら連覇はある。」

トミー:「セイクリッドバレーはどうでしょう。」

ぷいー:「新潟は得意だけど追い込み一辺倒だから展開の助けが要る。」

トミー:「穴馬はなんでしょう?」

ぷいー:「G2勝ちの実績のあるヤマニンキングリー、昨年3着のサンライズベガあたり。」

トミー:「では最終見解をお願いします。僕はセイクリッドバレーの巻き返しに期待します。」

ぷいー:「今回は何が逃げるのか、ペースはどうなのかが鍵だと思う。ヤマニンキングリー、ホワイトピルグリムあたりが逃げるんじゃないかと思う。ペースは平均からスロー。先行馬の前残りに要注意だね。タッチミーノット、ナリタクリスタル、オペラブラーボ、ヤマニンキングリーにエオリアンハープ、セイクリッドバレーの食い込み。」

トミー:「さて的中できるでしょうか。」




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。