【競馬は投資】
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年07月10日 (金) | 編集 |

今週の重賞は、サマー2000シリーズの七夕賞と、ダート重賞のプロキオンS。

七夕賞をみてみましょう。

ハンデは52kg~58kgでG2勝ちのあるトウケイヘイロー以外は大きな差がない。

トップハンデのトウケイヘイローは先行脚質は小回り福島向き。ただ今回はメイショウナルトがいて、競り合うまではいかなくてもマイペースというわけにはいかないだろう。

前走をみてもまだ完調には時間がかかり、鞍上の乗り替わりも痛い。

メイショウナルトはこの時期走る傾向にある。昨年も鳴尾記念で凡走の後、変わり身をみせた。軽視できない一頭だが、今回は乗り替わりが問題。

レコンダイトは前走のハンデG2で2着に好走。ハーツクライ産駒で5歳。まだのびしろはありそう。デムーロ騎手であり、ここは重賞制覇のチャンス。不安点は、差し・追い込みでペース次第では脚を余すリスク。

アルフレードが良化してきている。2走前もG3東京新聞杯で2着。ただ、この馬も追い込み脚質で小回りコースはプラスではないし、この枠も良くない。

グランデッツァは休み明け3走目で走り頃。前走も0.5秒差の5着。ハンデも57kgなら好勝負できる。久しぶりの重賞制覇のチャンス。

穴は横山典騎手乗り替わりのヒラボクディープ。

トウケイヘイローとメイショウナルトの先行争いがペースのカギをにぎるが、あまり速くならないのではないか。直線の短い小回りコースだけに、差し・追い込み馬は仕掛け所がポイントになりそう。

前目の好位でレースできそうな、グランデッツアに期待。

レコンダイトは中団前目につけることができれば逆転も。

アルフレードは内枠で馬を捌くことができないと苦しい。

意外に流れが落ち着いてトウケイヘイローが大逃げをうてれば前残りあり。

◎ 11 グランデッツア
○ 6 レコンダイト
▲ 13 ヒラボクディープ
△ 2 アルフレード
△ 10 トウケイヘイロー
△ 12 ステラウインド


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。